保険会社との交渉もそうですが、後遺障害認定をもらうまでの道のりは、治療中の記録の残し方から、後遺障害診断書の作成、その後の示談に至るまでかなり長いです。これだけの手続きや担当者とのやりとりをすべて自分でこなすには相当の知識と体力が求められます。それのため、交通事故の場合は早い段階で弁護士に相談することがすすめられます。
特に大きなケガをした場合などは事故直後から弁護士に相談するようにしましょう。弁護士事務所の中には交通事故の後遺障害の認定をサポートすることを専門にした事務所もありますので、そうした交通事故案件に熟達した弁護士を選ぶようにしましょう。

【参考サイト】後遺障害の弁護士無料相談【等級認定・賠償金交渉】交通事故はアディーレ法律事務所

認定へ向けて相談するタイミングとしては必ずしも事故直後でないといけないわけではないので、いよいよ症状固定となり、なんらかの後遺症が残りそうだとわかった時点でも遅くはないので弁護士に相談するようにしましょう。無料相談ができるように申し込みを受け付けてくれている弁護士事務所もありますから、そうしたサービスを有効活用していきましょう。交通事故は一瞬で人生を狂わす可能性のあるものです。その後の生活のためにも手続きはしっかりとおこなっておく必要がありますので、経験ある弁護士に相談することをおすすめいたします。