後遺障害慰謝料を請求するためには後遺障害認定を受ける必要がありますが、この認定までにはいくつものポイントがあります。まず基本的なこととして、警察への事故の届けが必ず「人身事故」として処理されている必要があります。万が一事故後の展開で「物損事故」になっている場合はきちんと医師の診断書を提出して警察に「人身事故」に切り替えてもらう必要があります。

治療中も自分が受けた治療や検査の証拠を残してもらえるようにしましょう。治療の経過などの資料も後遺障害認定の判断材料となってきます。そしてしっかりと治療を受けたということがはっきりわかるように、整骨院や接骨院への通院が主な治療となっていても、定期的に外科や整形外科の診察を受けるようにしておくのも大切です。

事故後一定期間が過ぎると治療の完治、もしくはこれ以上は治療を続けてもそれ以上の治癒が見込めないという状態になります。この段階のことを「症状固定」と言いますが、この症状固定の時期は主治医に相談して慎重に判断すべきです。相手方保険会社から治療費の打ち切りについて言われても、安易に了承しないように気をつけましょう。こうした保険会社とのやりとりも大切なので、早期に弁護士に相談しておくことはメリットがあります。