「事故の後遺症」という表現を聞くことがあると思いますが、これは事故直後から一定の期間の強い症状がおさまった後も残ってしまった機能障害または神経症状などの障害のことを指す言葉です。しかし後遺症といっても、それがどの程度日常生活や仕事に影響を与えるかはケースバイケースだと思います。実は「後遺障害」という表現で事故後の後遺症のことが語られる場合、そこにはれっきとした定義が存在しています。事故による後遺障害の場合、将来においてもその症状の回復が見込めないものであり、労働能力の低下や損失を伴うもので自賠法施工令の等級に該当するもののことを指して言います。ですから「後遺症」という言葉よりも「後遺障害」という言い方のほうが意味の深い重大なものであることがわかります。

それで交通事故においては事故が発生してある程度の治療をおこない症状固定となるまでの部分を障害部分と呼び、治療費や休業損害そして入通院慰謝料などが発生します。一方症状が固定されたあと、後遺障害が認定されると後遺障害慰謝料というものが発生し、場合によっては介護料なども請求するケースがあります。しかしこうして考えてみると後遺障害が認められるためには時間と専門的な診断、申請が必要なことがわかります。このような手続きをただでさえ後遺症が残って大変な本人がやっていくのは難しいでしょう。それで後遺障害の認定手続き及び各種交渉は弁護士に依頼したほうがスムーズです。